末岡 信彦 大作 色絵銀彩泰山木 偏壷 

末岡 信彦 大作 色絵銀彩泰山木 偏壷  | 骨董品、茶道具、レトロ品の買取なら千代屋末岡 信彦 大作 色絵銀彩泰山木 偏壷 

本日の買取情報

末岡 信彦 大作 色絵銀彩泰山木 偏壷

世田谷区の骨董屋さん

世田谷区を中心に出張で買取をさせていただいてます千代屋は骨董品だけではなく、現代アート作品の買取もさせていただいております。

現代アートと言いましても期間も昭和、平成、そしてこれからは令和まで含むこととなりますので結構幅の広い作品群となります。

東京の美術品

東京はバブル期を経て今日に至っており、日本中というよりは世界中から沢山の絵画やアンティーク品、古美術品が集まっています。

日本人の美術への関心

最近では日本の方、特に若い方はバブル期のような物欲といったものがなく、高価な絵画やアンティーク品、特に日本の掛軸、古陶器といったものには関心がなくなってきているように思います。

これはお金が無いというよりは、物への執着と言いましょうか、そういった物が薄れてきていて、最近の、若者の世代を例えるときに「悟り世代」と言ったりしますが、正にそのような人間が多くなってきているのかもしれません。

本当の悟りならばとてもいいのだと思うのですが、恐らくは将来への不安、年金への不安、国家の財政の不安といったところから来る「諦めと備え」なのではないかなと思うのです。

つまりは日本国内ではこれから始まる少子高齢化も加えて考えますと、益々美術品、骨董品、アンティーク品といった物が売れなくなってくるように思われます。

と言うことは、バブル崩壊後、下げ続けてきた絵画や骨董品の価格は益々、値下がりしていくように思います。

中国マネー、アジアマネー

それでは、全ての美術品や骨董品が売れなくなるのかというと、そうではありません。
昨今の中国人の爆買いといったものが、これまでは生活用品だった物から美術品などの嗜好品にまで幅を広げてくると予想されます。

中国人や東南アジア人

それでは世田谷にあって中国人などのアジア人に好かれるもの物とはどんなものなのでしょうか?
現在、中国人は戦前、戦時中、バブル期に日本人が中国から集めた中国の美術品を買い戻す動きをしております。

そして、最近では日本の良いものにも少しずつ目を向け始めています。

例えば、江戸時代の鉄瓶などが分かりやすいかもしれません。他にも沢山ございます。

当店では幅広く商品の出張買取をさせていただいております。

中国のお土産品まで確りと鑑定させていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ🎵

中国の美術品の買取

当店では中国の美術品の高価買取に力を入れております。

世田谷の中国の美術品の買取は千代屋まで♪

迅速に出張買取させていただきますので、お気軽にお問い合わせくださいませ♪

リサイクルショップ 千代屋のフリーダイヤル

千代屋まで。

トップページへ

Follow me!